花すみれ

季節の移ろいや日々の生活の中での感動を綴っていきたいと思っています

2020年11月

PB260101

_B260202
我々ロケハン隊は 10時に新宿門から入り
粛々と勤めを果たし(笑)スタート地点近くまで 戻ってきました
2月の撮影会当日の天候も配慮して 温室内も一回り
沢山のお花を写してきましたが
また機会がありましたら アップしますね
PB260107
温室前の大イチョウも
綺麗に黄葉して
PB260119
PB260117
この坊や 台の上に乗っかって  なんだか嬉しそう!
_B260203
ツワブキも 元気・元気・・・
見知らぬオジサマが すれ違いざまに
「もう少し行くと 桜が咲いているよ」と
ご親切に・・・
_B260204
_B260205
_B260206
「ジュウガツザクラ」の立て札
_B260210
_B260212
名残の「皇帝ダリア」に 蜂さん?
少し行くと またまた桜
_B260217
_B260213
_B260215
こんどは「コブクザクラ」ですって
この八重咲の桜は 一つの花に実が二つ以上できるので
「子福桜」
なるほどね~
page-1
淡いピンクの椿が 可憐に咲いていました
_B260220
来年2月の撮影会当日の メインフラワーと思っていた
「ペーパーホワイト」が
もう咲きだしていたのには びっくり!
_B260223
わ~お~!
紅葉とのコラボだわ~
PB260242
そんなこんなで ロケハン終了~
我々の写真の会は
撮影会当日以上に ロケハンが楽しくって
お当番さん やめられませ~~ん!

(^.^)/~~~




PB260238
キャプチャ-1
今年2月の 伊豆半島一泊撮影会以来
年内すべての撮影会が中止となった 写真の会
来年度は 近場から ボチボチ再開の予定です
img20201128_21023851
来年2月は 「新宿御苑」を撮影地に選びました
晴天の 11/26
お当番さん3人で とりあえずロケハンに出かけました
img20201128_21041203
ご存知のように 新宿御苑は
江戸時代に徳川家康の家臣であった内藤家の大名屋敷がルーツ
PB260241
入り口では山茶花が出迎えてくれました
PB260011-1
新宿門を入って北エリアから回ることに
_B260021
PB260012-1
ん~! まずまずの紅葉
PB260015
上の池では ダイサギさんが 日向ぼっこ
_B260033
パンフ通りに ツワブキが至る所に咲いていました
PB260043
水の流れに沿ってデザインされた庭園
_B260029-1
歴史的建造物
旧御凉亭
_B260024
PB260052-1
中の池・下の池と紅葉を楽しみながら
西エリア~南エリア~東エリアへ
PB260061
10月中旬から見頃だった薔薇園も そろそろ終盤?
page-2
page-1
綺麗そうなお花だけを チョイス
PB260094
PB260095
プラタナスも だいぶ葉を落とし
晩秋のもの悲しさへと 我々を誘います

気を取り直して玉藻池の方へと・・・
続きます



PB220006
我が家の庭には昔 大きな柿の木が二本ありました
農林試験場の方に 接木をしてもらってからは
美味しい柿が沢山採れ ご近所に貰って戴くようでした
DSC_3346
娘一家が 庭に家を建てることになって
泣く泣く二本とも 根こそぎ撤去
ところがわずかに残っていた根から 芽が出て・・・
皆で「根性柿」と呼んで面白がっていました
DSC_3347
「桃栗三年・柿八年」とは よく言ったもの
そこそこ実をつけるようになりましたが
生憎 渋くて 人様には 差し上げられません
PB220003
毎年 元気印の友人が  焼酎につけたり・干し柿にしたりするからと
梯子をかけて収穫し 持って行ってくれます
頑張って実を結んだ「根性柿さん」にとって 
喜ばしいことです

PB190223
先週木曜日(18日)
この日に届くよう アマゾンに頼んでいた
ボジョレー・ヌーヴォーが 届きました
二人で細やかに 乾杯!
もう何十年も欠かしたことがないかな(笑)
ご存知
販売し始めることができる日にちが 決まっている
ボジョレー・ヌーヴォー
毎年 11月の第3木曜日がいわゆる「解禁日」です

_B150055
7月の半ばから 絶えることなく咲き続けていた
黄色のハイビスカスは 最後のひとつが
名残惜し気に ず~っと咲いていました

DSC_3336
白内障の両目の手術から 完全復活した 主人 
またまた 働き者になっちゃって~
大助かり!
_B150070
_B150073
_B150074
_DSC8550
せっせと庭や外回りの落ち葉掃きに 余念がありません
_B150063
_DSC8549

PB150060
_DSC8547 (2)
_B150065
_DSC8551
いずれ小鳥さんたちの ご馳走になる
南天・千両・万両の実も色づいて
秋たけなわの庭です




PB190122-1
PC内で 写してきた写真にそっとカーソルを持っていくと
2020-11-19  11:23  
そう  この会場 だ~れもいないんです
「お出掛けは 平日の 通勤ラッシュを避けた電車で来るのが ベストね~」
などと ノタマイツツ  暇人の主婦二人
PB190117
PB190120
彼女も私も  国内旅行も散々していて
色々なお城を見尽くしているので
正直 ちょっとがっかり?( ゴメンナサ~イ  (>_<) )

PB190151
PB190112
とりあえずいつものように 天守台に登ってみることに  
PB190164
ご存知
江戸城は慶長期・元和期・寛永期と
3度にわたり天守が築かれました
明暦(1657年)の大火で焼失した後 再建されていません
PB190165
天守台上からの眺め
昭和天皇の皇后さまの還暦をお祝いして建てられた

桃華楽堂
PB190166
「やっぱりこの景色は 寂しいわね~
でも 我々が生きているうちには 再建されないかもね~」
などと またまたノタマイツツ・・・
PB190128
しばし 本丸大芝生  大奥跡などを散策した後
Let's go 
二の丸雑木林・二の丸庭園へ

PB190214
PB190179
PB190184
PB190187
PB190188
PB190191
春の華やかさとは 違って
晩秋の侘しさが 滲み出ている景色に
二人とも 言葉少なに
自分自身の心と向き合いつつ 歩きました
親友っていいわね~!
PB190205
PB190202
PB190203
ツワブキの花や  白やピンクのサザンカの花
モチノキの赤い実や マンリョウの群生の写真等 沢山写しましたが
省略~


 晩秋の 東御苑 二の丸地区の
この景色で終わりたいと思いま~す!



PB190083
行幸通りと和田倉噴水公園の黄葉を愛でた 後
友人と二人 大手門から 東御苑に入りました
PB190082
page-1
桔梗濠では 白鳥さんがお食事中
PB190221-vert
右手の大手濠では
ヒドリガモ・キンクロハジロさんたちが ス~イスイ!
もう 朝ご飯は済んだのかな?

ご存知 大手門入口
PB190085
PB190086
PB190087
同心番所 を右に曲がると
あら素敵!
PB190095-vert
懸崖菊
綺麗にこの形にするのは 結構大変みたい
PB190103-vert
白鳥濠では ススキが風に靡いて
PB190107-vert
右手の 二の丸庭園 新雑木林へは 後から行くことにして
まずは 汐見坂を登って 本丸大芝生方面 

PB190110
_B190141
わ~お~!
ここはもう 完全に晩秋
はるか向こうに見える 天守台
おまけに だ~れもいない!

PB190134
PB190136
PB190133
フユザクラが 我々の為だけに 微笑んでくれている
大都会の真ん中で なんか不思議な気持になりました
PB190130
やっと・やっと
「江戸城天守 復元模型」の置かれている 
本丸休憩所増築棟
ここには  寛永期の天守が 1/30スケールで復元され
今年の3月1日から 無料で一般公開されています

続きます



↑このページのトップヘ